品質への取り組み

環境方針

環境と調和したより良い社会の発展と共生を目指して

王子コンテナーは、環境と調和したより良い社会の発展と共生を目指し、製品・事業活動における全てのプロセスで環境負荷の低減に努めています。

 
  • 基本理念

    当社は企業活動と地球環境との調和をめざし、資源の有効活用と環境汚染の防止に積極的に取り組み、良き企業市民としての社会責任を果たします。

  • 環境方針

    1. 段ボール事業を通しての地球環境保全並びに地域との共存

    2. 法規制及び自主管理基準、その他の要求基準の遵守

    3. 環境目的・目標の設定運用、定期的な見直し

    4. 事業活動プロセスにおける環境負荷の低減、リサイクルの推進

    5. 環境マネジメントシステムの継続的な改善

    6. 方針の文書化、周知徹底

    全従業員及び敷地内の関連会社の参加により効果的な活動を実施することを要望する。

  • 重点管理項目

    • 省エネルギー

      省エネルギーに努め、電力と燃料の使用量削減を図る。

    • 汚染の防止

      工場から出る汚泥の減量化を推進するためインキの使用量の削減を図る。

    • 地域との共生

      環境苦情の撲滅を図る。

 

環境ビジョン

王子グループ制定のグループ環境憲章に基づき、事業活動すべての範囲にわたり、環境負荷を低減し、社会環境に配慮した共生を目指します。

王子グループ環境憲章

王子グループ環境憲章

王子グループ企業行動報告書

全工場でISO14001を取得、常に品質の高い意識を持続しています。

当社では、1999年9月大阪工場が取得し、その後順次拡大を進め2007年4月全工場において環境マネジメントシステム(国際規格 ISO14001)の認証を取得し継続的に環境負荷低減の活動を続けています。

環境活動推進体制

環境活動を推進する専門部署として環境部を設置、管理体制を強化し万全の環境マネージメントを行っています。

安全環境部
最新鋭設備を導入し、あらゆる角度から環境マネジメントを行っています。

環境部では、各工場で使用される廃棄物管理を中心とした環境マネジメント業務と、工場内の安全性確保に向けた管理・改善業務を担当しています。全工場に直轄の安全環境室を設置し、安全な製品づくりを実現するため、たゆまぬ努力を続けています。

▲ページトップへ戻る